2012年4月8日日曜日

無線LAN内蔵のSDカード Eye-Fi を買いました


以前から欲しかったEye-Fiを買いました。

言わずと知れた無線LAN内蔵のSDカードで、撮ったそばから自動的にPCやWEBの写真共有サービスにアップロードしてくれるスグレモノ。
メモリーカードをわざわざPCに挿し込まなくても写真が転送出来るというのは便利です。
最近はスマートフォンやタブレットとの連携も出来るようになってて、撮った写真をすぐに大画面のスマートフォンやタブレットで見ることが出来るので、よりデバイスとの連携が強力になってます。

私は一番安いEye-Fi Connect X2を買いました。
4700円ぐらいでした。発売当初に比べると安くなりました。
上位機種との違いは、容量、RAWの転送が出来ないのと、ジオタグ(無線LANによる位置情報のタグ付け機能)ぐらいですが、特に必要無い機能なのでEye-Fi CONNECT X 2で十分と判断しました。
RAWで撮るときはときは、普通のSDカード使えばいいことですしね。

パッケージはこんな感じ。
カラフルです。

付属品はEye-Fi本体と専用のカードリーダー。
専用のカードリーダーを使って初期設定をします。

カードリーダーにEye-Fiをセットし、PCに差し込んで。

すると、Eye-Fi Manager がインストールされていないと言われるのでインストールします。

最新版を勝手にダウンロードしてくれます。
ダウンロードが完了すると、インストール開始が表示されます。

なんやかんやして、インストールが完了しました。

Eye-Fiを使うにはアカウント登録がいるそうで、登録して下さいと言われます。
複数の機器で設定を共有する為、サーバーサイドで設定を保持しているんですかね。
登録します。

撮った写真をどの端末に転送するか設定します。
まずはPCへ転送してみることにします。

無線LANのネットワークを設定します。

設定が終わり、Eye-Fi Managerの画面が開きます。

PCからEye-Fiを抜いてデジカメにセットします。
デジカメはオリンパスのE-P1を使ってます。
相性が悪いという話をよく聞きますが、試してみた限りではうまくいきました。

とりあえず写真を撮ってみます。
すぐに転送が開始されました。
画面右下に転送の進捗状況が表示されます。
これは便利!ちょっと感動します。

デジカメの電源を切ってしまうと転送が止まってしまうので、転送するまでデジカメの電源を入れておく必要があるのは注意点です。
でも、転送中にデジカメの電源を切ってしまい転送中の状態の写真があっても、またデジカメの電源を入れれば、転送中の写真の転送を開始してくれます。
無いと困る機能ですが、こういう細かい作り込みは嬉しいです。

iPhoneやAndroidのスマートフォンにも転送出来るようなので試してみました。
とりあえず、メインで使っているInfobar A01で試してみます。
Google PlayストアからEye-Fi公式アプリをダウンロードしインストールします。

アプリを起動して、先ほど作成したアカウントでログインします。

ペアリングの設定。
チェックをONにしてスマートフォンに写真が転送されるようにします。

写真を取ると今度はスマートフォンの方に写真が転送されます。
コレは衝撃的に便利!!!
最近のデジカメも液晶は大画面ですが、スマートフォンの方がより大画面のものが多いですから、より写真を楽しめます。

最後にiPadに写真を転送してみることにします。
使っているのはひとつ前の世代のiPad2です。
まだまだ現役ですね。

まず、AppストアからEye-Fiの公式アプリをダウンロードとインストールをします。

インストールしたEye-Fiアプリを起動すると、ログイン画面が出てきます。
先ほど登録したアカウントでログインします。


Eye-Fiに撮った写真をiPadに転送するか?と聞かれるので「はい」を選びます。

Androidの時と同じように写真を撮ると、今度はiPadに転送されます。
画面下に進捗状況が表示されます。

 転送された写真は標準アプリのギャラリーでも見られます。

デジカメで撮った写真がすぐにiPadで見られます。
大画面のiPadで見ると迫力ありますね。
Eye-Fi+タブレットの組み合わせはかなりイイ感じです。

これらのアプリは無料でEye-Fiだけ買えば利用できます。
Eye-Fi。かなり出来るやつです。

 まとめ:


ちょこっと試しただけですが、Eye-Fiのポテンシャルの高さを感じました。
単に、SDカードの抜き差しをしなくて済むツールと言うよりは、スマートフォンやタブレットとの連携に価値があるツールだなと個人的に感じました。

コンデジや一眼の高画質な写真を撮ってすぐにタブレットに転送して、みんなでワイワイ見られるのは楽しいです。

ただ、無線の転送速度はそんなに速くないので、超高画質を連写でバシバシ撮ったりする使い方はあまり向かないかもしれません。
転送にも時間がかかり、要らない写真まで転送されてしまいますからね。

手軽に撮った写真をみんなで見たり、ブログにアップしたりといった、ライトな使い方に向いていると思いました。

Eye-Fi Connect X2 4GB
Eye-Fi inc

amazonで詳しく見る

0 件のコメント:

コメントを投稿